一般社団法人半導体産業人協会


2016年秋季研修旅行・懇親会のご案内

2016年7月

一般社団法人 半導体産業人協会
理事長 橋本 浩一
文化活動委員長 野澤 滋為

2016年 秋季研修旅行のご案内
“東日本大震災から5年の東北地方への旅”へのお誘い!

拝啓
時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は協会の活動に格別のご理解・ご協力を賜り誠に有難うございます。

SSISでは賛助会員ならびに個人会員の知見向上と会員相互の懇親を目的に、毎年秋に研修旅行として、ここ数年は海外各国を訪問し、産業発展の状況視察、半導体や電子産業関連などの工場見学を実施してまいりました。

今年の訪問先に関しましては、今春全会員を対象にしたアンケートを実施した結果、国内東北地方を希望する会員数が最多となりました。文化活動委員会にてこの結果に基づき検討しました結果、

  1. 東日本大震災から5年を経過したいま、石巻、気仙沼港など被災地を訪ね犠牲になられた方へ哀悼の意を表し、復興状況を見学することにより防災の意識を高める。
  2. 今から6年前に当協会で実施した「2010年春季工場見学会」にて訪問した地域の状況、特に東北大学未来科学技術共同センターにて親しく研究内容を説明していただいた大見忠弘教授、高橋研教授の研究室を再度訪問し2016年は須川成利教授、白井泰雪特任教授、斎藤伸教授から、その後の研究成果の説明を受ける。

ことを主目的として、今年は東北地方を訪問することにしました。

日程詳細は後述しますが、女川町、南三陸町の被災地を現地案内人の説明を聞きながら視察 し、2日目の午後は世界遺産に登録された中尊寺を見学、また3日目には東北大学を訪問します。懇親会を1日目の宿、南三陸ホテル観洋にて開きます。2日目の宿は厳美渓温泉いつくし園を予定しています。両宿舎とも温泉が付いていますので、しっかり疲れをいやしていただけます。

この研修旅行には一昨年は4組、昨年は6組のご夫妻が参加されて好評を得ております。

今年は気楽な国内旅行でもありますので、より多いご婦人の参加をお待ちしております。

以上よろしくご検討いただき、多数の皆様のご参加をお待ちいたします。

敬具

女川町竹浦地区

南三陸町

奇跡の一本松

東北大学未来科学共同研究センター


期日 10月17日(月)~19日(水)
募集人員 24名
参加費 約56,000円(詳細は下段の参加申込書を参照ください)
主催 一般社団法人 半導体産業人協会
旅行実施 宮交観光サービス株式会社
申し込み
締め切り
8月31日(水)

詳細資料

日程詳細・お申込みなどはこちらの詳細資料からご確認ください。

2016年秋季研修旅行・懇親会のご案内(pdf)

2016年秋季研修旅行・懇親会のご案内 参加申込書(word)

ページTOPへ